好きなアニメを(略)第三弾! スカイガールズ

お疲れ様です、てっちゃんです。

 

 

アニメもゲームも、割と王道を攻めて来た感じはありますし、まあ私自身王道って大好きですからそれで良いかと思っていたんですけど。

 

それだけだとちょっと味気ない。

 

ですので今回は、私が何故か本当に大好きだったんですけど、なんで好きだったのか全くわからない、ちょっと変わった想いを抱いているアニメをご紹介しようかと思います。

 

今回ご紹介するのは「スカイガールズ」。

恐らく知っている方はそれほど多くはないはず。相当のアニメ通かパチスロ打ちでしょう。

 

 

押さえるべきところを押さえたが、冷静に眺めてみると特筆すべき点もないような

 

最初にしっかりと明言しておきますが、私はこのアニメ、本当に好きです。今でも好きですし、視始めた当時は物凄くはまってました。

ただ、どうしてここまで好きで、あの頃思いっきりはまっていたのか、私にも全くわからないんです。

 

 

スカイガールズは、2007年に放送された「メカと少女」なアニメです。

三人の主役級少女たちが、「飛行外骨格・ソニックダイバー」と呼ばれる機械を纏って大空を駆け巡るという内容。

かつて殲滅したはずの未知の生命体の再来、それを撃退する内に真実に気づいていく…

 

悪く言うつもりは毛頭ないが、「どこかで見覚えのあるような…」という感じがあるのは否めない。でも好き。

 

女の子が薄着で空を飛んで戦う姿というのは、某パンツじゃないから恥ずかしくないアニメに類似しているところがありますが、勘違いしてはいけませんよ。

 

こっちが先です。これ重要ね。

 

同じ「島田フミカネ」氏が携わった作品で、パンツじゃない方のOVAは同年2007年に放映されていましたけれど、それでもわずかにこっちが先。

スカイガールズOVAまで見れば2006年時点で既に放映されていましたからね。

 

もちろん、同じく飛行外骨格的な武装を纏って空を舞う某無限の成層圏なアニメよりも先であることは言うまでもありません。

 

あくまでも連中は「スカイガールズの後に続いた」作品です!

 

まあ、思いっきり追い抜かされてしまったのもまた、言うまでもないことですが…でも私は一番好きだよ、スカガ。

 

 

それでですね、ちょっと考えてみました。

 

どうして私はあんなに好きだったのか。未だに「いつでも心にスカイガールズ」なのはなぜなのか。

考えてみると、意外と簡単に答えが出るものですね。

 

 

 

心から好きだった「伊藤静」さんがメインキャラの声優してたからだわ。

 

これ以外に理由が思いつかない。もうこれしかない。

 

今度あたり「ゲーム」カテゴリで紹介しようと思っているあるゲームで、伊藤静さんがメインヒロイン級のキャラの声優を担当していて、その声に魅せられてしまい、私は二次元の世界に足を踏み入れ始めてしまったのです。

 

伊藤静さんのあの声は、アニメ好きゲーム好きなてっちゃんを誕生させた罪深い生みの親なわけです。

 

要するに大ファンだったわけですな。

 

とりあえずメイン級のキャラの中にCV伊藤静がいれば片っ端から視聴していたあの頃、伊藤静さん演じるスカガの「一条瑛花」は、性格的にもドストライクだったんです。

それで一発で持っていかれてしまったと。

 

 

 それ以外に理由が思いつかないのが困った話でして。

 

よって皆さんに「おススメだよ!」とは決して言い切れないところがあります。

 

CV伊藤静のためにアマガミと当時手を出すまいとしていた新型PSPをセットで買った人間ですからね、私は。

 

 ただ、昨今大ヒットを飛ばしたアニメに見られるような際立った面白さは、悲しいかな、ないかも…と言わざるを得ないのですが、見て損する部類のアニメではないと思います。

あくまでもアニメ鑑賞っていうのは娯楽であり、暇つぶしですからね。

その意味では、私みたいに「なんか理由は上手くいえないけど結構好き」みたいな人もいるんじゃないかと。

 

 

真髄はOVAにある。あと上官のひろし

 

スカイガールズ本編を楽しんだ後の「釣りバカ瑛花さん」というOVAは、スカガファンの間でもかなりの人気を誇っています!

 

というか、一条瑛花がメイン女の子キャラ三人の中で際立った人気を誇っているんですよね。私のようなCV伊藤静に魅せられた者たちが多いと言うことかもしれない。

 

本編では堅物クールな彼女がやり過ぎだろってぐらいはっちゃける番外編は実に良い。

 

瑛花っていうか完全に中の人が表に出てきちゃってる仕上がりです。

 

 

彼女たちの上官は「野原ひろし」の声。言わずと知れたあの人です。彼も番外編でちょろっと顔を出してははっちゃけますね。

 

本編では瑛花と上官・冬后(とうごう)はなんかいい感じ。「くっついた」っていうのははっきり描かれていないところがまた良い。

話が進むにつれてわずかなデレが挟まれるのが何とも言えず良い。

こういうキャラにとても弱いてっちゃんであります。

 

アマガミでもCV伊藤静につられて「森島はるか」というキャラ目当てで買ったくせに、後輩系クーデレの「七咲逢」というキャラに浮気しそうになりました。

 

AceCombat5」の記事で熱く語っちゃったケイ・ナガセもクール属性ですし。

 

アイマス系統のゲームはやったことないけど、見た目とサンプル的なボイスだけで渋谷凛ちゃんドストライクだし。

 

 

最初からデレてるのは苦手みたいですな。

 

現実世界の女性に対しても、一番嫌いな女性のタイプは「ゆるふわ系愛されガール」です。

 

茶髪にちょっとウェーブかかってる感じの量産型女子大生が何よりも苦手な

非リアの極みであります。

 

クールで意志がしっかりしていて、

面白いと思わなきゃ愛想笑いなんてしないし、

かと言ってツンデレではなく、相手を認めれば素直に賞賛も出来る。

まあ、何だろ、私の勝手なイメージですけど、「デキる女」って感じのタイプにすぐ心を奪われちゃうわけですね。

 

逆に「へーすごーい!」みたいな台詞を息を吐くように言う女性は苦手。

アニメでも現実でも。

いやまあ現実の場合で言いますと、その女性はきっと私に気を使ってしたくもないリアクションをしてくれてるんだと思うんですけど。

面白くないならむしろ「はぁ?」って感じで冷たい目を向けてくれた方がご褒美まだしも救われると言うものですよ。

 

おっと話が逸れた。

 

とにかく瑛花は私の好みドストライクで、CV伊藤静という無敵の布陣のおかげで無事はまってしまったというわけですね。

 

 

あと、スカガを語る上で絶対に外せないのは…ストーリーはまあ見ていただくとして、

 

 

何よりも楽曲であります。

 

 

アニソンに抵抗がない、ということが前提となってしまいますが、

 

別にアニソンでも良い曲は良い曲としてアリだと思うよ、って方は結構好きになれると思います。

 

それぐらい良曲揃い。

飛行外骨格・ソニックダイバーでの戦闘シーンもありますから、当然そこに合わせてサビが盛り上がってくれないと視聴者としても興ざめなわけですが、その基準は十分以上にクリアしていると自信を持って言えます。

 

これがまた困ったことにですね、スカガはパチスロにもなっていて、しかも「2」まで出ているんですが、

 

パチスロの楽曲も凄く良いっていうのが難儀なもんでして。

 

 

私、普段はパチンコ・パチスロ店には全くいかないんです。

 

でも、スカガのパチスロ第一弾が出た時に、人生で初めてのパチスロを経験したんですよ。もうどーしても観てみたくて。

当時は大学生でしたが、アルバイトでせこせこ溜めたお金の内1万ちょいを持ってお店へ出向いた記憶があります。

 

スカガのスロットが出てから少し時間が経った頃に、潰れかけだろっていうぐらい人のいないパチンコ屋に行ったので、並んで置いている三台ぐらいが全部空いていましてね。

 

周りもほとんど人がいないし、通路の接する端っこの、一番邪魔されにくいところに台があったので、心置きなく楽しめました。

後で友人に聞いたところによりますと、私がプレイしたのは「20円スロット」と言われるスロットとしてはレートが最も高い部類で、「1万ちょい」で闘いに行くもんじゃないということでした。

たまたまその時は当たりらしきものを獲得し、まとまったお小遣い程度の勝利をおさめ、その分スカガを堪能できたんですけど、事前調査ぐらいしておくべきでしたね。危ないところじゃった。

 

 

また逸れちゃったので戻しますが、その時は感動しました。

 

あたった時の歌、めっちゃええやん。

 

当たりで「ボーナス」になった時(パチスロの表現の仕方がわからなくて、変な文章かもしれないけどどうか気にしないで…)、映像を流すキャラを選べるんですけど。

 

主人公がまさに主人公でした。

 

主人公を選んだ時の歌が半端なく良い。

 

正直何でこれアニメで使わねえんだよって本気で思っていました。

 

何もパチスロ限定にしなくたっていいのに! まあ、パチスロ用に新たに作った曲なんでしょうけど…勿体ないことこの上ない。

 

あと、どうやら私はその時に限ってアホみたいに運が良かったらしく、3万分の1の確率で入る?とか何とか言うわけのわからんレアなモードを体験したんですが。

 

何とそこでも専用BGMが!

 

実際にパチスロ遊んでいる時にはもちろんそんなことは知りませんから、「うわこれもめっちゃ良い曲やん」ってじっくり聞きながら普通にプレイしてたんですけどね。

終わってから調べてみるとどうやら凄く珍しいモードだったらしいです。

そんな珍しいモードのためにわざわざ新しい曲作るって…パチスロ作ってるところって、やっぱりお金があるんですかねぇ。

 

とまあそんな感じで、個人的にはスカガの楽曲を語るときにパチスロ挿入歌は欠かせないと思う次第です。

 

「2」も出ていますけど、また新しい楽曲を収録していました。

 

こちらは学習しまして、「五円スロット」とやらへの導入を待ってプレイしてきました。いやー当然ながら同じ千円の投入でメダルが4倍も出て来ましてね! 「1」もたまたま勝てたから良かったけど、こっちの方が気楽に楽しめたでしょうねぇ。

私としては勝利ではなく、演出や新しい曲を目指していましたから。

 

 

こちらでもまたしても、三万分の一とかいうアホみたいな確率の変なモードを引いたんですが、「2」でのそのレアモードのBGMは、アニメOVAの主題歌でした。

 

でも、ボーナス演出画面?ではやっぱり新しい歌が。今度はひろしまで歌ってる!しかも個人的に曲調は嫌いじゃない!

 

 

正直こんなんに新しい歌とか作るんなら、30分完結で良いから本編その後のお話とかOVAで作ってほしいなぁなんて思ったり…

 

 

瑛花と冬后さんのその後とか、めっちゃ気になるんですけど。

 

とまあまたしても話が逸れてしまってなんだかわけわからないですけど、

とにかくアニメもパチスロも、スカガは歌が良いんですよ。

言いたかったのはこれです。

 

パチスロに関しては「1」「2」それぞれ一度ずつしかプレイしていないので、私が知らない歌がまだあるかもしれません。

私の人生でパチンコ屋という耳がおかしくなりそうな場所に足を運んだのは、その二回だけでしたね。

スカガがなければ一生行くことはなかったでしょうから、人生経験と言う意味ではまあアリだったのかも…? 行かないに越したことはないんでしょうけどね。

 

まあ、スカガ「3」がもし出たとしたらまた行くんでしょうけど、出なかったら今後行くことはないでしょう。そして多分出ないでしょう。良い思い出になったよ、パチ屋

 

「2」が出た頃、公式のPVみたいな映像がYoutubeでもアップされていて、そこでいくつかの曲のサビ周辺が聞けたんですけどね。今もあるのかな? 

本編に興味を持てない方でも、アニソン好きなら一度視聴してみてください。違法アップロードではない、ちゃんとした映像を数年前に見た記憶があります。

 

 

表現しきれないけれど、私は好きなんです

 

熱く語るブログ、と言っておきながら、あんまり熱さがないような気がしますが、それは仕方ない。

 

私はスカガに対して並々ならぬ好感情を持っていますが、正直、客観的に見て「名作だ!」と言いふらして、皆様に布教しまくるような作品なのか? と言う問いに自信を持って頷けないところがありますから。

 

まあとにかく、今回は「私は好きよ」というスタンスです。

 

押さえるところは押さえているけれど、名作と呼ぶには一押し足りていない…でも、際立って「ここが駄目!」というポイントもない。

 

アニメや漫画など、エンターテイメントの部類においては、「話題になるような特筆すべき点がない」ってのは痛手でしたね。

 

それでも私は好きです。CVによる補正が大きいとは言え。

 

こんな感じで、私が視聴してきたアニメの中には「なんでそんなん見てんの?」とリアルフレンドにツッコミを受けるようなものがちょこちょこあったりします。そういうのも、せっかくですからご紹介していきたいと思っています。

 

 

王道の名作ももちろんいろいろと見てきましたし、引き続き記事にしていくつもりですけれど、そればっかりだと何だか味気ないですしね。

 

てっちゃんのアンテナはなんだか変な方向に伸びてんな、ぐらいの優しい目で見守っていただければ幸いです。

 

ではでは、また次回っ。